マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

心が動けば体も動く!だから健康になれる

健康の大切さを改めて見つめ直すブログです。

コレステロールの薬

【コレステロール】を下げる効果があると言われているお茶を薬だと思って飲みなさい。
我が家では毎朝の光景、半年ほど前から父が母に言われ続けている言葉です。
父は昨年の会社の健康診断で中性脂肪の値とともに、【コレステロール】の値も高いと診断されました。
以来、母は、父の【コレステロール】と中性脂肪を下げる事に一生懸命です。
以前は毎朝パンとコーヒーというアメリカンスタイルのブレックファストだったのに、今は豆腐屋納豆などの大豆食品とアジやイワシなどの青魚が食卓に並ぶようになりました。
こうした食材は【コレステロール】を下げる効果が高いとされているからです。
そして、【コレステロール】対策の一環として、母は父のバスの定期券を買わなくなりました。
駅までの道のり片道2キロを毎朝のウォーキングタイムとして歩かせるためにです。
母の父の【コレステロール】への思いは中途半端ではないようです。

【コレステロール】は一度上昇すると中々自然に下がる事はないらしく、やはり自分でその値を気にし、努力して下げないといけないみたいですね。
確かに【コレステロール】を下げるためには、適度な運動と栄養のバランスを考えた規則正しい食生活を取り入れた日常生活を送る事が何より大事なようです。
もしそれでも効果が出ないようなら、【コレステロール】を下げる薬に頼らなければならないんですよね。
でも、その【コレステロール】を下げる薬、最近は世界各地で様々な論争が繰り広げられていますよね。
勿論、悪玉【コレステロール】と言われるLDLの数値は薬を飲めばある程度下がるみたいです。
ただ、薬の力で【コレステロール】を下げたからと言って、必ずしも心臓病などの疾病を発症するリスクが下がる訳ではないらしいのです。
なので、薬の力を借りて父の【コレステロール】を下げるのは、最後の手段にしたいと母は考えているようです。

【コレステロール】はある意味不摂生な日常生活が原因で数値が上がる訳ですから、まずはそうした生活習慣を見直す事によって下げるのがベスト。
そんな母の考え方は、父が本物の健康を取り戻すためにはとてもいい考え方なのでしょう。
以前、テレビでもむやみやたらと【コレステロール】対策を謳った健康食品や薬に惑わされない方がいいと言っていました。
もしそうした薬やサプリメントなどを取り入れるのであれば、しっかりと効果の得られる摂取法を極める必要があるようです。
まあ、母が【コレステロール】の薬だと言って父に飲ませているお茶だって、そんなサプリメントの一種みたいなものですしね。
ただ、お茶やサプリメントとは異なり、薬は副作用を伴う場合があるので、ちょっと気を付けた方がいいですよね。
もし薬に頼って【コレステロール】の値を下げたいと考えるのであれば、事前にブログやサイトなどでしっかりと情報収集する事。
実際にその薬を服用している人や使った事のある人の体験談なんかもしっかり読みましょう。
そして、そうした予備知識を踏まえた上で、医師としっかり相談して自分にあった薬で【コレステロール】対策をしないといけませんよね。
と、我が家にすっかり定着した父と母との【コレステロール】戦線を見て、つくづく考えさせられる今日この頃です。

コレステロール対策サプリメント

【コレステロール】を下げる油・・・確かこんな謳い文句のテレビコマーシャルが大昔始まった当初に、【コレステロール】という言葉を初めて知りました。
以来、【コレステロール】という言葉は年々身近な存在になって来ているような気がします。
先日久しぶりに実家に帰った際、両親が夕食のためのカロリー計算をしていました。
二人揃って、【コレステロール】の値を下げる必要があると主治医に言われたらしいのです。
考えてみれば今や夫婦二人きりの生活、食生活だって殆ど同じな訳ですから、父の【コレステロール】が高ければ母だって同じですよねぇ。
まあ、夫婦で同じ課題を持って、協力しながら長生きするためのヘルシーライフを考える事はとてもいい事だと思います。
でも、言いたかった、せっかく久しぶりに孫を連れて帰って来たんだから、今日位【コレステロール】なんて気にしなさんなってね。

【コレステロール】を考えている両親を見て、私も何か手伝えないかと思い、少し調べてみました。
【コレステロール】対策と言えばやっぱり食事療法、後運動も大事ですよね。
最近は薬で【コレステロール】を下げる事も出来るみたいですが、これは必ずしもすべての人にメリットばかりを与える訳ではないようです。
まあ薬なんですから、多少なりともリスクが付き纏うのは当然でしょう。
その点サプリなら安心なのではないかと考え、【コレステロール】対策になるサプリメントを探してみました。
すると、すごく沢山市販されているんですね、【コレステロール】対策を掲げたサプリメント。
カテキンやベータカロチン、ポリフェノールなどが効果的なところから、【コレステロール】対策用のお茶というのも多数あります。
こうしたお茶やサプリメントなら手軽に【コレステロール】対策が出来るのではないでしょうか。

【コレステロール】を考えている両親のために、そんな対策を謳ったサプリメントを何かプレゼントしようかと思っています。
ちょうどもうすぐ母の誕生日なので、今年はそれを贈り物にしたいのです。
年を取ると、食事面や運動面などでの【コレステロール】対策は出来ても、サプリメントまでは中々考えられないでしょうからね。
それに、いくらサプリメントを取り入れようと思っても、こんなに沢山種類があったら選ぶだけでも大変です。
【コレステロール】に関するブログやサイトを見ればいくらでもいい情報は掲載されています。
ただ、パソコンなんて全然使えないうちの両親に、そんなブログやサイトで【コレステロール】について勉強しろと言っても無理な話。
だったら私がそうしたブログやサイトを参考に、適当なサプリメントを見つけ出し、プレゼントして上げるのがベストではないかと思っています。
それに、私自身も【コレステロール】についてのいい学習が出来ます。
いずれは我々夫婦だって、自分たちのために【コレステロール】対策サプリメントを探さないといけない時がやって来るかも知れません。
でも、今こうして私が【コレステロール】について勉強する事によって、そういう日を迎えないまま一生を終われるかも知れないのです。
これは私たち夫婦にとっても大切な【コレステロール】対策サプリメント探しだと考えています。

コレステロール塞栓症

【コレステロール】塞栓症という病気があるんですね。
CCEとも呼ばれるこの【コレステロール】塞栓症、最近注目の医学キーワードの一つだそうですが、私は全く知りませんでした。
友達のお父さんが入院先の病院で心臓の手術を受けた翌日に腎不全を発症、【コレステロール】塞栓症と診断されたそうです。
友達も友達のお母さんも、それまで聞いた事のないその病名にビックリ。
手術前の説明でもこの【コレステロール】塞栓症についての話は全く出なかったそうです。
それどころか、医師もすぐには【コレステロール】塞栓症であるという診断を下せなかったそうですよ。
でも、腎臓に大きな障害を与えるのです、その【コレステロール】塞栓症がきっと怖い病気だという事は察知出来たと言います。

【コレステロール】塞栓症とは、大動脈や比較的太い動脈のaterome plaqueから発生した【コレステロール】結晶が小動脈に多発性の塞栓を起こした状態。
その結果多臓器障害を発症した疾患が【コレステロール】塞栓症であると百科事典には掲載されていました。
とは言われても難しくてよく解らないですよねぇ、友達なんか病院で説明を聞いてもすぐには理解出来なかったそうです。
医師の話によると、カテーテルステント手術の際に、患者の腹部に蓄積されていた【コレステロール】が足と腎臓に飛んだものだとか。
幸い友達のお父様の場合は指定の薬を飲み続けるだけで何とか腎臓の機能は維持出来るそうですが、中には足を切断したり、人工透析を施す必要のあるケースもあるそうですね。
そんな怖い【コレステロール】塞栓症、でも、友達のお父さんが受けたのは心筋梗塞の処置であるカテーテルステント手術です。
なぜ【コレステロール】塞栓症などという重病を発症したのか、そう簡単には理解出来ないし、納得も出来ないですよね。

【コレステロール】が原因の病気は沢山ありますが、この【コレステロール】塞栓症もその一つなのでしょうか。
だとしたら、非常に怖いし、迂闊に心臓などの手術を受ける事が出来なくなります。
でもまだまだこの【コレステロール】塞栓症はマイナーな疾患、友達の家族のように、手術前にその可能性が説明される事のない場合も多いようですよ。
ですから、もし家族の誰かが、心臓や血管の手術を受ける事になった際には、自分である程度調べて、医師と話し合う必要があるのではないでしょうか。
ネットのなかでも、まだまだこの【コレステロール】塞栓症については判り易い情報が少ないのが現状ではないかと思います。
私も今回この話を聞いて、何だか気になって、健康関連のブログやサイトをいくつか検索してみました。
けれど、【コレステロール】塞栓症という言葉すら載っていない記事が殆どです。
ただ、医療関連のブログやサイトではしっかりと取り上げられています。
勿論少々難しい部分はありますが、【コレステロール】塞栓症というものをちゃんと勉強し、ある程度理解出来る事は間違いありません。
今、医師も注目している【コレステロール】塞栓症、是非私たちも目を向けてみたいものですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。