マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

心が動けば体も動く!だから健康になれる

健康の大切さを改めて見つめ直すブログです。

浣腸の正しい仕方

【浣腸】と下剤、どっちが効き目が高いかと言われれば微妙なところで、時と場合によりますが、即効性という面ではすぐさま【浣腸】と答えられます。
【浣腸】は、自分の出したいタイミングで排便を出来るので、外出の多い人や育児や介護の忙しい人には最適ですよね。
それに、下剤を飲むと何度でもトイレに駆け込まなければならないので、かなり面倒です。
そういう面で、家庭用の【浣腸】を愛用しているOLさんや主婦の方も多いようです。
便秘に悩む日本人女性は後を絶たないと言われていますが、【浣腸】も下剤も使いすぎはよくありません。
ある程度は自然な便通を心がけるのが大事です。
これは、【浣腸】薬としては今も昔も人気ナンバーワンのイチヂク製薬でもしっかりとアピールしています。
繊維質をふんだんに取り入れた食事や軽い運動を毎日続ける事により、【浣腸】や下剤と縁を切れるかも知れないそうですよ。

【浣腸】や下剤と例え縁が切れなくても、【浣腸】や下剤の使用回数を減らす事は出来るでしょう。
【浣腸】も毎日のように使っていると体がその刺激に慣れてしまい、従来の効果が得られなくなる可能性があると聞きました。
それに、中には【浣腸】でも対して効き目のない頑固な便秘もあって、その場合は便の質だけでなく、体の異常も考えられるそうです。
なので、例え慢性の便秘症で市販の【浣腸】を使用するにしても、一度病院で診察を受けた方がいいのではないかと思いますね。
皆さん意外と御存じないのですが、【浣腸】の中身はグリセリンという薬品を薄めた液体です。
この液体そのものの毒性は低く、又、家庭用の【浣腸】用容器は十分に安全と使い易さを配慮して作られています。
それでも、未だに間違った【浣腸】の仕方をしている人がいるのも確か。
それはただ単に説明書をちゃんと読んでいないだけだと言えばそれまでですが、【浣腸】は案外難しい施術なんですよ。

【浣腸】そのものは単純な施術ですから、余計に安易に考えて手を抜く人もいるのかも知れませんが、病院内での【浣腸】時の医療事故というのは結構起きています。
その多くが挿入時に腸を傷つけてしまったため、【浣腸】液が体内に流れ出し、様々な障害を来たす結果を招くというもの。
薬局で売られている家庭用の【浣腸】ではそれほど奥まで挿入出来ないので、まずそういう心配はありません。
又、使用されている【浣腸】液の濃度も薄く、容量も少ないので、病院のようなトラブルは普通は起きないはずなのです。
ところが、世の中には【浣腸】プレイなどという危険な遊びがあります。
【浣腸】に対する知識や技術を持たない男女が起こす、このプレイ時の事故は少なくないみたいですよ。
お互い楽しんでやっているのですから、何事もなければそれはそれでOK、否定するつもりはありません。
ただ、こういう事はすぐにエスカレートしがちなので、その辺りを十分気を付けて、安全に遊べる範囲の量や濃度の家庭用の【浣腸】薬を使って欲しいなぁっと思いますね。
それに、【浣腸】には注入する時の体位や、我慢するタイミングなど、いくつかより効果を増すポイントというのがあるんですよ。
例え、便秘解消にせよ、遊びにせよ、普段【浣腸】を使う際は、それを把握しておかれると良いのではないかとも思いますね。
そうした【浣腸】の正しい仕方に関する知識はブログやサイトでいくらでも学習する事が出来ます。
是非ともしっかり勉強して、安全で身体にいい【浣腸】をしていただきたいと願います。
| 浣腸

浣腸の病院の方法

【浣腸】と聞いて、イチヂク【浣腸】の名前がまず真っ先に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
あのイチジク【浣腸】に使われている容器はプラスチックで出来ていて、使い捨て。
正直少々勿体ないような気もしますが、安全性が高く衛生的ですし、何と言っても、非常に使い易く造られています。
あのようなプラスチックの使い捨て容器を用いた施術をディスポーザブル【浣腸】と呼ぶそうですね。
一方、病院ではピストン方式のガラス管から液を注入する方法がよく用いられます。
一見注射器のようにも見えるあの施術をシリンダー【浣腸】と呼びます。
かつて【浣腸】と言えば全てがこのシリンダー方式で、家庭でも使われていたそうですよ。
今でも、【浣腸】器具というのはこのシリンダー方式のガラス管を指す事が多いようです。
このガラス管は煮沸消毒をすれば何度でも使えるので、非常に経済的ではありますが、割れやすくて危ないという短所があります。
ただ最近は、軽くて割れにくいプラスチック製のシリンダー【浣腸】も登場して来たとか。

【浣腸】には大きく分けて3つの種類があり、家庭用としてはディスポーザブルかシリンダー方式のどちらかですが、病院では高圧【浣腸】というのも行われています。
高圧【浣腸】というのは、点滴のような方式で地上から少しずつ注入して行く方法です。
しかし、中身の【浣腸】液はいずれもグリセリンを適度な濃度に薄めたものが主流だそうですね。
そして最近、そんなグリセリン【浣腸】時の医療事故が増加しているそうです。
病院では便秘の治療以外にも、手術や大腸の検査をする際に【浣腸】を用います。
最近では使い捨てのディスポーザブル【浣腸】を使っている病院も多いのですが、問題はその挿入。
家庭用の【浣腸】容器の先端はそれほど長くなく、3センチから5センチ程度です。
当然入口付近に【浣腸】液が注入されてしまうため、効き目が出るまで少々の時間を要しますが、腸に傷つける心配はそれほど大きくありません。

【浣腸】をたまに超洗浄の一環として過程で行う人もいるようですが、残念ながら家庭用の【浣腸】では便秘の解消をするのが精いっぱい。
なので、それほど奥まで注入しなくても安全第一の施術で十分だと考えられています。
ところが、医療用の【浣腸】容器の注入管は10センチ以上あるそうです。
勿論、深い部分まで【浣腸】液を注入出来ますから、効果が出るのも早く、奥の方の便も排泄する事が可能になります。
されど、その反面、挿入時に腸を傷つけてしまう可能性もあるんですね。
腸に傷が付くとそこから注入した【浣腸】液が体内に染みだすため、トラブルが生じるそうです。
最近では【浣腸】を見直すための指導所が発行されたりもしているようですよ。
でも、プロでも失敗する事のある【浣腸】、いくら安易に出来るからと言って、決して侮ってはいけませんよね。
例え安全で簡単だと判っている家庭用の【浣腸】でもやはり正しい知識を持って使いたいものです。
【浣腸】についてのトラブルや指導はブログやサイトに多数掲載されています。
病院や専門医からの【浣腸】アドバイスというのもあるみたいなので、愛用している人はぜひ一度関連ブログやサイトを読んでみるといいでしょうね。
| 浣腸

綿棒浣腸

【浣腸】は子育ての上で大切な家庭医療行為、生後数か月の赤ちゃんは必ずと言っていいほど【浣腸】のお世話になるものです。
まあもっとも、全く便秘知らずという赤ちゃんも結構いるにはいますが、大抵の赤ちゃんは便秘で苦しみますね。
赤ちゃんの便秘解消は【浣腸】が一番安全で手っ取り早く、小児科医もお薦めの手段です。
それも、市販の薬とかではなく、綿棒を使った綿棒【浣腸】がいいんですよね。
取り合えず綿棒で試してみて、駄目なら市販のイチヂク【浣腸】を使うのがベストみたいです。
又、赤ちゃんの便秘は100%本人の体質という訳ではなく、ママのストレスや食生活が引き金になっている事も少なくありません。
特に母乳で育てている赤ちゃんが便秘になった場合は、【浣腸】を考えると同時に、ママの日常生活を見直すといいそうですよ。
最近よく赤ちゃんの便秘と綿棒【浣腸】についての質問をされるようになったので、今日は少し書いてみますね。

【浣腸】は身体に悪影響を与える事が少なく、赤ちゃんからお年寄りまで使えるのが特徴だとイチヂク【浣腸】のパッケージにも表記されています。
ただし、年齢や体格、あるいは体質に応じた濃度や量の【浣腸】というのがあります。
例えば赤ちゃんの場合なら、赤ちゃんようの10ミリの【浣腸】で十分、それも乳児の場合なら最初は半分位で試してみるといいでしょうね。
そしてしばらく様子を見て、それでも排便してくれないようなら残りの半分も注入して上げましょう。
ところが大人になると10ミリではそれこそへのツッパリにもならなくて、30ミリ入りの大人用【浣腸】が必要になります。
勿論大人に綿棒【浣腸】をしても、それほど効果は得られないと思いますよ。
でもどうかなぁ、私の周囲に綿棒【浣腸】を試した大人はいないような気がしますが、案外いけたりなんかして。
だけどまあ、綿棒【浣腸】が大きな効果を博すのであれば、大人の間でももっと普及しているでしょうね。
何しろ綿棒【浣腸】は安全なだけでなく、めっちゃリーズナブルですからね。

【浣腸】は立派な医療行為ですが、家庭用の【浣腸】は誰でもが安心して使えるように造られています。
なので、可愛い赤ちゃんのお尻に差しても大丈夫みたいですが、綿棒【浣腸】と同様に、すこしオイルを容器の先端と肛門に塗って上げると入り易くていいでしょうね。
特に綿棒【浣腸】の場合は、必ず綿棒の先を柔らかく揉み解して、更にベビーオイルやオリーブオイルなどの潤滑油を塗って上げて下さい。
ゴマ油やサラダ油でも構いませんが、綺麗な油でないと絶対に駄目ですよ。
それから、赤ちゃん用の綿棒だと細い上に芯が弱いので綿棒【浣腸】には適しませんから、大人用の綿棒を使うようにしましょう。
よく怖がって先端の綿の部分しか差しこまないママがいるようですが、これでは何の効果も得られません。
赤ちゃんに綿棒で【浣腸】をする際には、最低でも1センチ程度は差し込み、しばらくそのままにしておいてから、ゆっくりのの字を書くようにマッサージをします。
食後か入浴後の30分以内が綿棒【浣腸】に比較的適している時間帯です。
最近子育てに関する質問が増えたのは、私の周辺に新米ママが増えたせい、私もいつまでも病院で働いている場合ではありません。
速く素敵な男性を見つけて結婚して、可愛い我が子に綿棒【浣腸】をして上げたいものです。
綿棒【浣腸】のやり方については、先輩ママさんの書かれているブログやサイトにも沢山掲載されているので、是非参考にされるといいと思いますね。
タグ:綿棒浣腸
| 浣腸
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。