マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

心が動けば体も動く!だから健康になれる

健康の大切さを改めて見つめ直すブログです。

グリセリン浣腸

【浣腸】と言えばイチヂクという位有名なイチヂク【浣腸】ですが、あの独特の容器の中身って何かご存知ですか。
イチヂク【浣腸】の中に入っているあの液体、それはグリセリンなんだそうですね。
これでも一応危険物取扱者の国家資格を持っている私としては、グリセリンと聞けば、どうしても爆発物であるニトログリセリンを思い出してしまいます。
勿論、【浣腸】液に使われるグリセリンは爆発なんかしませんし、身体には殆ど無害なんだそうですよ。
確かにグリセリンという液体はきつい液体ですが、【浣腸】液として使用する場合は、3倍から5倍に薄められています。
それに、薬局で市販されている【浣腸】薬は赤ちゃん用なら5ミリ入り、大人用でも40ミリ入りまでです。
因みに病院で使われている【浣腸】には150ミリ入りというのもあるそうですが、必ずしも1本全部を注入する訳ではないんですよね。

【浣腸】は多量に入れたからと言って効果が増す訳ではなく、仕方や我慢の度合いが大きく左右するようです。
皆さんはもしかしてお手洗いで半分たったような状態で【浣腸】し、便器に腰をおろして大気したりなんかしていませんか。
確かにすぐに排泄が出来るようにトイレで【浣腸】をしたいという気持はよく判ります。
でも実際問題、横になるだけの環境の整っていないトイレでの【浣腸】は難しいと思われます。
【浣腸】をする際は、左の脇腹を下にして横になって注入するのがベスト。
又、一気に【浣腸】液を入れるのではなく、少しずつ入れる方がいいそうです。
そして、注入後は数分我慢するのがより効果的に【浣腸】液を使うコツ。
とは言っても、余りにも我慢し過ぎるとお漏らししたり、渋り腹という現象を起こしたりするので、その辺の下限がポイントになって来るようですけどね。
【浣腸】は家庭でも出来るので、とても安易な便秘解消法だと思っている人は多い事でしょう。

【浣腸】が便秘薬よりも体に対する負担が少ないのは事実ですが、近頃グリセリン【浣腸】時の医療事故が増えているのも事実みたいですよ。
まあもっとも、家庭用の【浣腸】薬は安全を重視して作られていますから、使用上の注意さえ守っていれば大丈夫。
それに【浣腸】液の原料となるグリセリンは殆ど人畜無害なのが最大の特長だそうですね。
看護師をしている友達が自信を持って行っていましたよ、【浣腸】は正しく使えば安心だってね。
グリセリンには便を軟らかくしたり、大腸の蠕動活動を促す効果だけでなく、潤滑油としての働きもあるらしいです。
なので、グリセリンを使った【浣腸】液を注入する事によって、腸内の便が排泄され易くなるのは当然の原理。
今、日本で市販されている【浣腸】の中身の殆どがグリセリンだそうです。


| 浣腸
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。